<< 画材〜ペン入れ、ベタ〜 | main | 誤解 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - |
画材〜トーン、その他〜
毎日長々とブログ更新して暇なんかい、と思われそうですが、ダラダラしながら仕事もしてます。
ダラダラしてるならチャキチャキ働いて散歩にも出た方がいいことは知っています。


さてさて、画材紹介も今回でラストです。

SN3D051000010001.jpg

トーン作業に使う諸々。
カッターはデザインカッターのみです。
45度の刃先は、ぼかし専用。
普通に切り貼りする時は30度です。

あとはトーンおさえるヘラとか、カッターでも削れない金定規が必需品です。

SN3D051100010001.jpg

テープとか諸々。

メンディングテープは、主に細かいトーン作業の時に、貼ったトーンが剥がれないように補強する為に使います。

ドラフティングテープってのは、粘着力が弱い仮止め用のテープです。
ネームを拡大コピーしたものを原稿用紙にトレースする際に使います。

マスキングテープってのも、粘着力が弱いテープです。
これはペン入れやツヤベタの時に、余分な部分まではみ出して描かないようにカバーするために使ってます。説明難しいな…

マスキングクリアという青いラベルのものは、マスキングテープと同じ使用目的ですが、透明な幅の広いシールみたいなシートなので、大ゴマの集中線を描く時など、広範囲をカバーしたい時に使います。

左手前の緑のチューブのものは、ペーパーセメントというものです。
背景など、コピーしたものを原稿に貼り込む際に使ってます。
でも多分、時間がある時はコピーして貼り込みという楽な方法は使わない方がいいので、必要に迫られるまでは特に要らないと思います。


SN3D051200010001.jpg

最後にもう1つ、必要不可欠なのがトーンの台紙。
使いきったトーンの台紙はかなり便利なので、ほとんどそのままでは捨ててません。
トーンのおさえ紙に使ったり、メンディングテープを台紙に大量に貼ってそれを切り貼りして使ったり、卓上ゴミ箱を作ったり。

この卓上ゴミ箱、多分折り紙とかで普通に作られてる箱だと思うんですけど、折り方知らない方もいらっしゃるかと思うので、続きで手順を紹介しておきます。




そんなこんなで画材の紹介終わります。
興味なかった方には、長々とすみませんでした。
多分次回からはまたどうでもいい日記になると思います。


 ではでは卓上ゴミ箱の作り方。

SN3D051300010001.jpg

トーンの台紙を4つ折りにします。

SN3D051400010001.jpg

なんかこんな感じで折ります。

SN3D051500010001.jpg

ひっくり返して反対側も同じように。

SN3D051600010001.jpg

なんかこう、めくって下さい。反対側も。

SN3D051700010001.jpg

こんな風に折ったらいいと思います。

SN3D051800010001.jpg

反対側も。

SN3D051900010001.jpg

折ります。そして反対側も折ります。

SN3D052000010001.jpg

勇気を出して真ん中を破ってください。

SN3D052100010001.jpg

なんかこう、折り込めそうなところがあるから折り込みましょう。

SN3D052300010001.jpg

実は完成しました。広げてみましょう。


トーン作業の時にくず入れとして重宝すると思います。

| 仕事場紹介 |
スポンサーサイト
| - |
Google+

LINKS

CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

PROFILE

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

MOBILE

qrcode

SEARCH

SPONSORED LINKS