スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - |
5月11日


仕事で追い込み中なので、簡単な紹介で失礼します。


今日の読売新聞の朝刊で、白泉社作家からの応援イラストが掲載されているようです。


詳しくはコミックナタリーさんが記事にされていますので、こちらへ。

http://natalie.mu/comic/news/49185




今日で、あれから2ヶ月。


色んな事を考えて、考え過ぎてそのほとんどが言葉にできないままです。

とにかく私は漫画を描く。

それが一番にすべきことなんだと心に決めて、自分なりに役目を果たそうと思います。
| どうでもよくない日記 |
かもしれない生活
「だろう運転」と「かもしれない運転」…でしたっけ?

大丈夫だろう、という気持ちで車の運転をする場合と、あらゆる事故が起こるかもしれない、という気持ちで運転する場合。

どちらが、いざという時に安全な行動を取れるか。

それはもちろん、「かもしれない運転」ですよーと習いました。



今も余震が続く東日本では、多くの方が「大きな地震がくるかもしれない」という危機感のもと、生活されていると思います。

が、西日本は、驚く程平和です。

震度1の揺れがくるよ〜と携帯アラームが鳴りますが、ほぼ体感できません。

「こっちにも大きな地震がくるかもしれない」

という危機感が、日に日に薄れていくのが自覚できます。


が!



それじゃダメだって事はわかるんです。

でも危機感なんて続かない!


…と思ってた矢先に、とあるデータを目の当たりにしました。


大気イオン地震予測研究会 e-pisco
http://e-pisco.jp/index.html

現在の大気イオン濃度測定値−兵庫・川西測定点|e-PISCO
http://e-pisco.jp/r_ion/data/hyogo_kawanishi.html



大気中のイオンを計測して、地震予知を試みているNPO法人のサイトです。

詳しい事はサイトを見て頂きたいのですが、とりあえず観測結果から言えることは、

「近いうちに、近畿圏あたりで大きな地震が起こるかもしれない」

ということです。(4月20日現在)

これはあくまで「もしかしたら」という、非常に曖昧な言い方しかできない段階なんですが、でも「備えあれば憂いなし」というではないですか。


地震に油断していた!
…というのが正直なところなので、再度危機感を思い出して生活しようと思います。

まずは停電や断水に備えよう!
| どうでもよくない日記 |
それぞれの想い
 
















| どうでもよくない日記 |
いま、私にできること
 こんなにニュースを見る事は無い、というくらいニュースにかじりついた一ヶ月でした。

新聞はとっていないので、テレビとインターネットが主な情報源です。


私にできることは何か。

一ヶ月前の私がしたことは、募金と、経済を回す事、いつも通りに仕事をする事。

そして情報を積極的に得る事。


色んな事が起こって、今も事態は変わり続けています。

色んな情報が溢れかえっていて、何が正しくて何が間違っているのかがわからない事だらけです。

そんな中で、現地でボランティア活動をされている方々や、募金活動をされている方々、その他色んな方法で「誰かを直接この手で守ろう」と行動を起こされている方々が、本当に沢山いらっしゃいます。

自分にはできない。
本当に凄い事だと尊敬する気持ちもあり、自分のふがいなさを嘆く気持ちもあります。




ふがいない、と思いながらとにかく仕事の合間に色んな情報を目にしてきたのですが…

やはり今、何が一番厄介で、何を一番に解決すべきなのかと考えると、原発事故なんだなと思い知る毎日です。

福島が落ち着かない限り、国は被災地の復興に全力を注ぐ事ができない。



原発について何か発言をするということは、正直とても怖じ気づいてしまいます。

今までのうのうと原発の恩恵を受けてきた身で、今更何言ってんだという後ろめたい気持ちだってあります。

何より、漫画家としてやっているブログに書いていい話題なのかどうなのか。


そんなフラフラした気持ちで、以前原発についての記事を書いてしまったので、
「書くべき事だと思ったけど、書かなくても良かった記事」
になってしまっているんじゃないか…と後悔もしたり。


以下、長くなるので記事を折り畳んでおきます。




続きを読む >>
| どうでもよくない日記 |
原発について
 このブログに、このタイミングで、こういう話題について書くという事は正解なんだろうか。

「何が正解なんだろう」という事ばかりを考える日々で、どうも自分の中にドロドロとしたものが溜まってしまっている感覚です。

白泉社に寄せたイラストにしても、自分なりに“一番思いが伝わるもの”を描いたわけですが、もしかしたら不謹慎だと思われるかもしれない。
でも、届けたい思いをそのまま受け取ってくれる人もいるかもしれないし、そこはもう受け取ってくださる方におまかせするしかない。


それと同じように、「そろそろ通常モードのテンションがいい」という方もいらっしゃれば、「もっと震災についての記事を」という方もいらっしゃるだろうと思ったり。


漫画に関係ない話はつまらん!とか、ここには明るい記事しか求めてない!という方もいるんだろうな…とか勝手に思うわけです。

私も、前みたいに漫画の話や日常のどうでもいい話だってしたい。
でも、伝えたい…というか、言いたい事は山ほどある。

でも、私はメイド様という漫画を描いてる漫画家であって、他に何の専門知識も無いし、ましてや評論家でもない。ぐるぐる。




でも、まあ、せっかく自分の意見を言える場なんだから、これだけは書いておこうと思いました。




私は震災の日以来、被災地の辛く残酷なニュースを見る度に涙し、

それでも笑顔で「生きてるだけで」と我慢強く避難生活を送られている方々を見て涙し、

ボランティアや支援の輪が世界規模で広がり続けている事を知って涙し、

なにより日本人の情の深さと心の強さをこれほどまでに感じた事は無い、と涙しっぱなしです。


前を向いて歩こう、日本はきっと大丈夫!




…そんなポジティブな感情も勿論あるのですが、原発についてだけはものすごく悲観的に見ています。


これは誤解の無いようにしたいのですが、むやみに不安を煽りたいわけじゃないです。

風評被害(これはもう完全に情報不足の中での摂取制限という国の判断が最たる原因だと思うのですが)が一刻も早く収束されることを切に願っています。




…言い出すとキリがないので、言いたい事の大元の話です。



そもそも私は原発がどういうものかなんて、まともに問題意識を持った事がありませんでした。

無知は罪です。自分が恥ずかしい。
勿論なんとなく「危険らしい」という事だけは知ってました。
チェルノブイリの事故だって、そういう事があった事くらいは知ってました。

でも、「本当に危険な物なら、この安全大国の日本で危険な扱い受けてるわけないよね」という、よくわからない楽観視をしていました。

だから、専門家の人に任せておけば大丈夫、使い方も国に任せておけば大丈夫、という気持ちになっていたと思います。

いや、そんな風に改めて考える事もなかったというのが正解なんですが。





でも、今回起こった福島の原発事故は、その考えを強制的に改めさせられました。


責任者は誰か、なんて怒りたいわけじゃないです。

むしろ、“なんら関心を持たなかった自分”がまさに責任者なんじゃないか、と、ものすごくネガティブになっているのです。


原発は私達に電気をくれます。

私は電気に頼りきった生活をしています。

原発のおかげで、快適な暮らしができています。


今、まさに今も、私は電気をたくさん使っています。



その一方で、「死ぬかもしれない」という覚悟をされているであろう原発作業員の方々が、今も私達の為に必死に戦っています。



…この自己嫌悪をどこにぶつけていいのやらわからず、とにかく原発関連のニュースを漁り、普段なら眠くなるような説明文を必死で読み、半分も理解できてないかもしれないけれど「知らないよりは知りたい」と思いながらテレビやネットを頼る日々です。


そんな中で、「これは是非、大人から子供まで読んで頂きたい」という記事を見つけたので、勝手ながら紹介させていただきます。






このブログを読んで、「私も自分の意見をちゃんと言おう」と思いました。


資源の事、世界情勢の事、発電方法、電気料金、安全性、利便性…

色々とポンコツな自分の頭でぐるぐると考えて、考えて、やっぱり。



私は、原子力発電に反対します。


| どうでもよくない日記 |
白泉社寄稿作家陣から被災地の皆様へ

 白泉社寄稿作家陣から被災地の皆様へ




白泉社でご活躍されている、様々な漫画家の皆様が支援イラストを描かれています。

私も、つたないながらも思いを込めてイラストを一枚送らせていただきました。

言葉は、もうこのブログで最低限の思いを書き記してあるので、美咲と碓氷だけを。


絵を見て元気を出そう!と思われる方は、是非。
| どうでもよくない日記 |
募金
今回の記事は、被災地の皆さんへのメッセージを込めています。



 



各所で募金ができるようになってから、少しずつ、数カ所で義援金を受け付けてもらっていました。

今日、ある程度まとまった金額を、郵便局から日本赤十字社に振り込ませて頂きました。




私が支援できる金額なんて、この大災害の前じゃ本当に本当にわずかなもので、この程度でどのくらいの人が、どれだけの助けになるかなんてわからないと絶望的な気持ちになったりもします。

でも、それでも、確実にこの思いが届いて力になれるのはこの義援金が一番なんですよね。



「これっぽっちでどうにかなるもんじゃないよな」

という人が10人集まっても、被災地で苦しんでいる人を一人も助けることはできません。



「これっぽっちだけど、でも…!」

という人が10人集まったら、きっと、絶対、少なくとも、人ひとりの命は救えるんじゃないか。希望は絶対捨てちゃいけない。
そんな思いで送りました。



一人分の命が、どれだけ大切なものか。







テレビのコマーシャルで何度か目にしたので、名前を知った方がここ数日で増えたのではないだろうか…と思うのですが、「国連難民高等弁務官事務所UNHCR」という国連機関があります。

簡単に言うと、世界中の難民の支援をしている団体です。


私は去年UNCHRの存在を今更ながらに知って、その時に考えた事が、

「ああ、自分が、家族が、友人が、もしある日突然帰る家を失ったらどうするんだろう」

という事でした。


戦争や災害で大ニュースになれば、最初はたくさんの支援があるかもしれないけれど、そのうち平和な暮らしをしている人は興味が薄れて、募金や支援は減るんだろうな。

色々と考えていくと最悪な事ばかり想像してしまいます。
だって私自身、今までそんな人たちの事を考えて行動していたわけではなかったですから。


でも、それを考えられるようになったのです。やっと。去年から。


以来、自分の負担にならない金額を、細々と毎月引き落としという形で支援にまわしてもらうようになりました。

本当に細々と、です。
「金持ち!太っ腹!」とか言えるような金額じゃないです。
「今日の夕飯ちょっと贅沢におごってやるよ!」くらいの金額です。

でも、情けない金額だけど、それだけで、助かる命が確かにあるのです。



自分も元気に生きていかなければ、他人を助ける事はできない。

だから、あくまで自分の負担にならない程度に、可能な限り細く長く、支援を続けようという気持ちでいます。



今回の震災に関しても、今はこれくらいの金額しか用意できないけれど、この先もできるだけ長く支援し続けられるようにと考えています。



そして、私は漫画家です。


一番確実な支援は義援金だけど、きっと漫画でできる支援もあるはず。


楽しいだとか、嬉しいだとか、ワクワクだとか、ニヤニヤだとか、そんな心地いい気分を味わってもらうために、自分は自分の仕事を全うしたいと思います。



正直震災が起こってからは毎日涙が溢れて仕事が手につかなかったのですが、そろそろちゃんと気を引き締めて、いつものように仕事に向かいます。


ああ、今、メイド様の本編が明るい流れの時で良かった。

美咲と碓氷も、どんな問題にも真っ正面から挑んで行ってます。

能天気な漫画だと思うかもしれませんが、そんな漫画を読んで少しでも気持ちが和らいでもらえますように。

私も頑張ります!だからどうか、頑張って!!



| どうでもよくない日記 |
西日本で、今、私にできること
 

ユニクロで買い物をしてきました。

久々にたくさんまとめて買ったのですが、改めて「安い!」と感動。
昔、オープニングスタッフで少しだけバイトした事があるので、その安さと質の良さは知ってはいたんですが…


何故、ユニクロ。

と思われる方は、こちらのページを参照ください。


ユニクロ プレスリリース





今回の震災で、日本全体の経済状況が非常に危うい状態です。

NHKで専門家の方が仰っていましたが、東日本は電力不足がこの先数年続くとのこと。
今も計画停電で大きく産業界がダメージを受けています。


西日本から電力をどんどん送り込めたら良いのですが、送り込める電力には技術的に限りがあるのです。

ということは、良くも悪くも西日本は今まで通りの生活が続くのです。




そんな中で、

「被災地の方に申し訳ないから、私、贅沢なんてできない!」

と、節約や娯楽の自粛モードに考えが及んでしまうかもしれませんが、そんな事をしても何も状況が良くなる事はありません。


東日本の経済が落ち込んでしまうなら、西日本を盛り上げて東日本を支えられるようにしなければ!


というわけで、被災地に支援をしている企業の商品を買って、間接的に支援をするという事も大事なのではないかと思います。

募金は経済的にちょっと…と思われる方でも、今まで買ってきたような日用品を買う事で支援になるなら…と思えるのでは。







おそらく他にも支援をされている企業があると思います。

「自分に必要なものを買うことでできる支援」

という方法もある事を、是非周りの方にも広めてください。





| どうでもよくない日記 |
暖かい言葉と励ましを
 

被災地で救助活動をされている方々

私達を守る為に、命の危険を冒してまで原発事故の現場で戦ってくださっている方々

この国を背負って様々な対策を考え、寝る間もない程国民に対して丁寧に説明してくださる政治家の方々

休む間もなく情報を与えてくださるマスメディア関係の方々

惜しみなく日本に援助の手を差し伸べてくださる国外の方々

節電を始めとする様々な非常事態に、少しでも平和で安全な生活をと尽力してくださる全ての方々

被災地に懸命に情報や励ましの言葉を送り続けている日本中の方々



色んなところでこの言葉を目にしますが、私も心から実感せずにはいられない。

日本に生まれてよかった!






未曾有の大災害です。
何もかもが想定外の被害です。
こんな時に完璧な対応ができるスーパーマンなんて、2次元でもなかなか居ないんじゃないでしょうか。
碓氷もさすがに一人じゃどうにもできませんよ。


皆が全力で頑張っていても、どうしようもない事態は起こるでしょう。

ミスや失敗だってします。人間ですから!
疲れていたり、非常事態で戸惑っているならなおさら。


今、最前線で戦い続けている方々は、心身ともにかなり疲れておられるはずです。

かくいう京都住まいの私は、テレビやネットで情報を見てはいるものの、普段となんら変わらない、不自由の無い生活を送っています。


そんなのうのうと生きている私が言うと、「ふざけるな!」「お前に何がわかる!」と憤られるかもしれないのですが…

どうか皆さん、ネット等で“誰かをむやみに批判する言葉”というものを控えてください。


色んな事情で、何かに対して怒りを覚えたり、文句を言いたくなる事は勿論あるでしょう。

ですが、被災地の方々の事を思うなら、今はネットの中を暖かい言葉、励ましの言葉、勇気づける言葉で溢れさせるべきじゃないでしょうか。


本当に何か意見したい場合は、“だったらどうしたら良いのか”を考えてから、言うべき相手に直接伝えるべきです。





今必要なのは、最前線を戦っている方々が元気になる言葉。
不安に震えている方々が勇気づけられる言葉。

せっかくネットという素晴らしい情報網があるのです。

今は難しい地域もありますが、一番早く、被災地の方々に私達の声を届けられるツールなのです。


誰かを責める言葉じゃなく、どうか暖かい言葉と励ましを!!


| どうでもよくない日記 |
募金について
募金のページを設けられた場所が多くなりました。

募金情報をまとめられているページがありましたので、リンクさせて頂きます。










あと、ねこニッキの方に被災動物についての情報ページ紹介もしています。

動物の一時預かりの緊急募集などもあるようなので、ご一読いただきたいです。



| どうでもよくない日記 |
Google+

LINKS

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

PROFILE

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

MOBILE

qrcode

SEARCH

SPONSORED LINKS